最強スペックで使いやすい「OnePlus 3T」のレビューチェック

SIMフリー

中国のスマートフォンメーカーOnePlusのフラッグシップスマホである『OnePlus 3』の後継機である『OnePlus 3T』が好評発売中です。

前モデルの『OnePlus 3』は、Snapdragon 820にメモリ6GB、ROM 64GBというスペックでさらにOSは、OxygenOSというOnePlus専用のAndroid OSで、ほぼ素のAndroidなので日本語表示もでき、フラッグシップ中華スマホの入門機として非常に人気が出て、フラッグシップ機としての地位を確立しました。

そこで今回は、進化した『OnePlus 3T』のレビューをチェックして、紹介したいと思います。

OnePlus 3T スペック

 

製品名OnePlus 3T
メーカーOnePlus
ディスプレイ5.5 inch
Optic AMOLED
Gorilla Glass 4
解像度1920 x 1080 (401 ppi)
対応OSOxygenOSベースAndroid Marshmallow
SoC (CPU)Snapdragon 821
GPUAdreno 530
メモリ (RAM)6GB LPDDR4
内部ストレージ (ROM)64GB / 128GB
外部ストレージなし
ネットワークGSM: 850, 900, 1800, 1900 MHz
4G LTE (Cat. 6)
ASIAモデル
WCDMA: Bands 1/2/5/8
FDD-LTE: Bands 1/3/5/7/8/20
TDD-LTE: Bands 38/40
カメラ背面:Sony IMX 298,16 MP,f/2.0
前面:Samsung 3P8SP 16 MP
オーディオDirac HD Sound
ノイズキャンセリング
バッテリー3,400 mAh
Dash Charge (5V, 4A)
USB ポートUSB 2.0, Type-C
SIMDual nano-SIM
サイズ152.7 x 74.7 x 7.35 mm
重さ158 g
ホームボタンあり
指紋認証あり
センサー指紋認証, ホールセンサー,
加速度計,ジャイロスコープ,
近接センサー,
アンビエントライトセンサー,電子コンパス,NFC
測位方式GPS, GLONASS, BeiDou
Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 4.2
カラーGunmetal,Soft Gold
価格 ( 税別 )64GB ROMモデル:439ドル
128GB ROMモデル:479ドル
その他4Kビデオ30fps
スローモーション720p120fps
(参考)
Antutuベンチマーク
162,000~164,000

 

特徴

  • 薄型軽金属設計の本体
  • 美しい1080pのOptic AMOLED&Gorilla Glass 4ディスプレイ
  • DASH Chargeによる素早い充電
  • 一日中持つ素晴らしいバッテリー寿命
  • パフォーマンスはスムーズで反応性が高い
  • 後部カメラ(Sony IMX298)が素晴らしい
  • 改善された正面カメラ(Samsung 3P8SP)
  • デュアルSIM
  • 高速の指紋センサー
  • シンプルでわかりやすく日本語化可能なOxygenOS

 

フルメタルボディの本体デザイン

デザインに象徴される、OnePlus 3Tは前モデルのOnePlus 3と全く同じように見えます。

わずかに湾曲した両側と角を持つ同じフルメタルボディ構造が特徴的ですね。

フルメタルボディにもかかわらず、驚くほど軽く、持っていても非常に快適なデバイスです。

また、Samsung Galaxy S7 Edgeよりわずかに大きいだけで、5.5インチのディスプレイでも

片手で快適に操作が可能です。

このデバイスがアップグレードされた証であることを表す「3T」のロゴはありません。

前モデルのOnePlus 3と実際に区別する唯一の方法は色です。

 

非常に美しいディスプレイ

OnePlus 3Tは、5.5インチのAMOLEDディスプレイに1080pの解像度です。

AMOLEDディスプレイは、コントラストが豊かで豊かで鮮やかな色が特徴です。

Oxygen OSに組み込まれているオプションのダークモードでは、深みのある墨の黒が魅力的です。

また、より自然で彩度の低いディスプレイ設定のsRGBカラーモードに切り替えることも簡単です。

明るさは重要で、屋外での快適な視認性を可能にします。

肉眼では、この1080p(1920×1080)ディスプレイと他のWQHD(2560×1440)ディスプレイとの違いは目立たないです。

OnePlusは、ディスプレイをWQHD化するのは主流ではないと感じ、バッテリ寿命を優先するために1080pにすることに決めました。

 

 

最強スペックの素晴しいパフォーマンス

OnePlus 3と3Tの間には見た目の大きな違いはありませんが、パフォーマンスは大きく改善しました。

OnePlus 3Tには、Google Pixelスマートフォンよりも高速な2.35GHzで動作する新しいクアルコムSnapdragon 821プロセッサが搭載されています。

3TにはOnePlus 3でも搭載された6GBのRAMがあります。

驚くことではありませんが、パフォーマンスはOnePlus 3Tでは絶対に素晴らしいです。

比較的低い解像度のディスプレイもパフォーマンスに貢献してます。

アプリの動作はスムーズで滑らかでタッチレスポンスも優れており、グラフィックを多用するゲームでもフレーム落ちがなく快適にプレイできます。

6 GBのRAMを使用すると、マルチタスクも問題ではなく、バックグラウンド実行して、非常に長い時間にわたって保持することができます。

OnePlus 3Tは、最も素早くスマートなAndroid体験を提供してくれます。

それはPixelデバイスで利用できるほど滑らかではないかもしれませんが、最高峰と言えるでしょう。

 

大容量バッテリーと使いやすいハードウェア

前述したように、内部ストレージは64 GBと128 GBですが、外部ストレージ(microSD)が無いため、多くのデータを保持するためには128GBモデルを買うしかありません。

128 GBモデルを購入すると、64GBには無いガンメタルカラーも得られます。

ホームボタンの前面に一体化された指紋センサは、デバイスのロックを本当にすばやく解除します。

指紋センサはかなり信頼できますが、指紋を誤読するケースはあります。

ホームボタンと物理キーには、さまざまな機能を追加することもできます。

OnePlus 3Tが前モデルよりアップグレードしたもう1つは、3,400mAhのバッテリーです。

(前モデルのOnePlus 3では、3,000mAh)

OnePlusは、30分だけ充電したらバッテリ寿命の丸1日を得ることができると主張しています。

大体30分で60%までバッテリーが回復します。

1日のうちで数時間のゲーム、Youtubeでのビデオ視聴、音楽ストリーミングと、ヘビーな使用をしても1日持ちます。

 

ハイスペックセンサー搭載のカメラ

OnePlus 3からアップグレードした最後のポイントはカメラです。

カメラは16 MPのSony IMX298センサーで前モデルOnePlus 3の8 MPの2倍です。

デフォルトのカメラアプリは、Timelapse(タイムラプス)、Slow motion(スローモーション)、Panorama(パノラマ)など、同じモードがあるGoogleカメラとかなり似ています。

唯一の例外は、自分で設定する場合は手動でコントロールできますが、それ以外の場合は非常にうまくレイアウトされ、使いやすいカメラアプリケーションです。

これは間違いなく良いカメラであり、良い画質です。

写真はきれいで細かく、色再現は本当に美しいです。

素敵で自然な色合いが得られ、画像は十分鮮明ですが、見た目がぼやけて人工的に見えることはありません。

ダイナミックレンジの面では、カメラはショットを過剰露出して多くのハイライトを吹き飛ばす傾向がありますが、HDRモードはこの問題を容易に緩和します。

オリジナル画像の自然な外観を維持しながら、ハイライトやシャドウから余分なディテールを引き出すのは素晴らしいです。

 

スムーズに操作できるソフトウェア

ソフトウェアの面では、OnePlus 3TはAndroid 6.0 Marshmallowをベースにした最新のOxygen OS 3.5.1を搭載しています。

最新バージョンのOxygen OSには、夜間に目を見やすくする夜間モードなど、いくつかの新しいカスタマイズオプションが追加されました。

カスタムアクセントの色、サードパーティアイコンパックのサポート、ダブルタップのようなジェスチャーのオフスクリーン、または画面上のOまたはVを描くことによってカメラまたはフラッシュライトを起動する機能があります。

素のAndroidをベースにしているので、自分の好きなようにカスタマイズできます。

このOxygen OSは最高に良い部分の1つです。

また、アップデートされたバージョンでは、いくつかの新機能が導入されています。

3本の指で画面を下にスワイプしてスクリーンショットを撮ったり、パスワードを追加したり、指紋を使ってアプリケーションをロックすることができます。

 

AntutuとGeekbenchのベンチマーク結果

Antutu:162,000~165,000

Geekbench:シングルスコア1,800前後

マルチスコア4,200前後

 

まとめ

より速く進化したSnapdragon 821プロセッサー、6GB RAM、改善されたSony IMX298センサー搭載カメラ、大容量バッテリー、使いやすいOxygen OS、低価格な価格で素晴しい出来です。

64 GBモデルの価格は439ドル、128ギガバイトは449ドルです。

OnePlus 3Tは11月22日に米国で、11月28日に欧州で発売されます。

OnePlus 3をすでにお持ちの場合は、3Tへの買い替えを推奨するほど魅力的ではありません。

しかし、OnePlus 3Tの購入を控えていた or 待っていた方は、買う価値のある機種であることに違いありません。

 

購入はこちらから

GearBest:『OnePlus 3T

Amazon:『OnePlus 3T

 

(via Android Authority)

コメント