ライカデュアルカメラ&新Kirin960搭載「Huawei Mate 9」性能ベンチマークフォトレビューチェック

SIMフリー

Huawei(ファーウェイ)が2016年12月13日、SIMフリースマートフォンの新機種「HUAWEI Mate 9」を発表しました。

5.9インチディスプレイに、新SoC「Kirin960」、4,000 mAhの大容量バッテリー、ライカデュアルカメラなどを備えたハイスペックな新機種です。

全世界で日本の価格が一番安く発表されており、Huawei(ファーウェイ)の日本戦略が伺えますね。

今回は、「Huawei Mate 9」の性能ベンチマークフォトレビューチェックをしていきたいと思います。

 

今ならDMMモバイルで先着700台限定49,800円!

 

業界最安水準の価格設定と、安定した回線品質で評判の「DMM mobile」で、「HUAWEI Mate 9」の発売を記念したキャンペーンを開催しています。

今なら先着700台限定で、11,000円OFF一括49,800円(税抜)で購入することができます。

「Mate 9」は、世界的に見ても日本での販売価格は最安値の60,800円(税抜)で設定されていますが、今回はさらにキャンペーンによって、一括49,800円(税抜)で購入することができ、さらに通話SIMプランを新規契約で3,000ポイントも貰えるので、お買い得度が増しています。

詳しくは下記「DMMモバイル」のページでご確認ください。

格安スマホなら!DMMモバイル



「Huawei Mate 9」スペック

製品名Huawei Mate 9
メーカーHuawei
ディスプレイ5.9インチフルHD,IPS
2.5Dガラス
解像度1920 x 1080, 373ppi
対応OSAndroid 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0
SoC (CPU)Kirin 960 オクタコア (4 x 2.4GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
GPUMali-G71 MP8
メモリ (RAM)4GB
内部ストレージ (ROM)64GB
外部ストレージmicroSD カード(最大256GB)
ネットワーク[SIM 1] FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
TDD-LTE : B38/39/40/41
LTE CA DL( 国内) : B1+B19/B3+B19/B1+B8/B1+B3+B8
UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
CDMA2000: BC0 ※2
GSM:850/900/1800/1900MHz
--
[SIM 2] UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
CDMA2000: BC0 ※2
GSM:850/900/1800/1900MHz
カメラメインカメラ( ライカダブルレンズ):
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー(F2.2)
インカメラ:800万画素 (F1.9)
バッテリー4,000 mAh (一体型)
USB ポートUSB Type C (High Speed/OTG対応)
SIMNano SIM x 2
サイズ156.9mm x 78.9mm x 7.9mm
重さ約190 g
ホームボタンなし(ソフトボタン)
指紋認証あり(背面、3D指紋認証)
センサーNFC, 赤外線リモコン,加速度, コンパス, ジャイロ, 環境光, 近接, HALL, 指紋認証, 気圧
測位方式GPS / AGPS / Glonass / Beidou / Galileo
Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac準拠(2.4/5.0GHz)
BluetoothBluetooth v4.2 with BLE
カラーシャンパンゴールド、ムーンライトシルバー
価格 ( 税別 )60,800円
その他リモコン付きヘッドセット / ケース / ACアダプタ / USBケーブル ( A to C ) / USB変換アダプタ( micro-B to C ) /クイックスタートガイド / 保証書
(参考)
Antutuベンチマーク
127,000~147,000

 

人間工学デザインで持ちやすいデザイン

Huaweiのデザインは去年からほとんど変わっていませんが、人間工学的に親しみやすいデザインです。

Huawei Mate 9は柔らかいアルミで仕上げられた湾曲したボディーになりました。

その結果、思っていたほどの大きさを感じさせないスマートフォンが実現しました。

5.9インチのディスプレイがあることを考えれば、Mate 9は大きなスマートフォンです。

しかし、ディスプレイは確かに大きいですが、狭い垂直ベゼルとスリムなサイドは、他の大型デバイスよりもはるかに優れています。

Google Nexus 6PやiPhone 7 Plusと比較して、大きな画面にもかかわらず、Mate 9は非常に扱いやすく使いやすくなっています。

メイト9の右側には電源とボリュームキーがあり、左側にはデュアルSIMトレイがあります。

最下部にはUSB-Cポートとデュアルスピーカーの1つがあり、ヘッドフォンジャックと赤外線ポートは最上部にあります。

背面には、Huawei P9の水平レイアウトではなく、垂直レイアウトでデュアルカメラ配置があります。

デュアルカメラの下にはHuawei社の代表的な指紋センサーがあります。

 

5.9インチの美しい2.5DフルHD IPSディスプレイ

Huawei Mate 9は、379ppiの密度を持つ5.9インチの2.5D Full HD IPSディスプレイを搭載しています。

以前のHuaweiデバイスと同様に、臨場感あふれる超コントラスト比(1600:1+)があります。

ディスプレイには「アイコンフォート」モードと呼ばれるブルーライトフィルターが付いています。

Mate 9のこの5.9インチ2.5Dディスプレイは素晴らしいです。

 

「Huawei Mate S」より格段に進化したスペック

Mate 9のスペックは、Huawei社の最新のSoCである、「Kirin 960」チップセットが組み込まれています。

Kirin 960には、2.4GHzで動作する4つのCortex-A73「パフォーマンス」コアと、1.8GHzで動作する4つのCortex-A53低電力コアが搭載されています。

メイト9は、新しい8コアMali-G71 MP8 GPUを搭載した最初の携帯端末でもあり、来年はサムスンのGalaxy S8やその他の主要デバイスに搭載される予定です。

最新の処理パッケージ、豊富なRAMと驚異的なUFS 2.1ストレージの組み合わせにより、Mate 9は高速な処理を実現します。

 

AntutuとGeekBench、3DMarkベンチマーク結果

AnTuTuでは、通常のMate 9が127,507。

昨年のMate 8のベンチマーク結果は51,432、

Exynos-8890搭載Galaxy S7 Edgeのベンチマーク結果は、127,507

Snapdragon 821搭載のGoogle Pixel XLのベンチマーク結果は136,883です。

 

GeekBench 4では、

メイト9はシングルコア性能ベンチマークテストで1910点、

マルチコア性能ベンチマークテストで5311点です。

 

3DMarkでは、Mate 9はSlingshot性能ベンチマークテストで2203を獲得しました。

ちなみにGalaxy S7 Edgeのベンチマーク結果は2178、Pixel XLのベンチマーク結果は2476。

 

ベンチマークの結果は全体的に、Kirin 960が以前のバージョン、特にSnapdragonチップセットで使用されているAdreno GPUとのギャップをほぼ完全に縮め、グラフィックス部門でかなり改善したことを表しています。

Kirin 960は最高のチップセットの1つとして認識されないかもしれませんが、Mate 9はPixel XLほど滑らかです。

 

最新のハードウェア

Mate 9には指紋センサー、デュアルSIM機能などの最新の内部機器が装備されています。

背面カメラの下には、Mate 9には指紋センサーがあり、一度登録すれば、1秒以内にスマートフォンのロックを解除することができます。

また、指紋センサーにはジェスチャー機能が付いています。

一度タップして戻ると、押し続けてホーム画面に戻り、下にスワイプして通知やショートカットにアクセスできます。

Mate 9には、底面に1つのスピーカーがあり、ディスプレイの上にイヤーピースに内蔵されている2つ目のスピーカーを備えたデュアルステレオスピーカーが付属しています。

デュアルSIMカードスロットを使用すると、2つのSIMまたはSIMカードとmicroSDカードを使用できます。

通話中の通話品質は素晴らしいです。

 

大容量バッテリーで長持ち

Huaweiのスマートフォンの基本理念の1つは、バッテリー寿命、特に機能(高解像度ディスプレイなど)よりもバッテリー寿命を優先させたいという要望です。

4,000mAhバッテリーは、Androidのフラッグシップスマートフォンで最大のものの1つです。

フルHDディスプレイと組み合わせることで、大容量のバッテリーから期待されるような優れたバッテリー寿命を得ることができます。

最初の性能ベンチマークテストではゲームで、各スマートフォンを100%充電し、ディスプレイの明るさは200に設定して、すべての同期はオフにします(Wi-Fiはオンのままです)。

この性能ベンチマークテストでは、メイト9は5時間12分持続しました。

比較のため、メイト8は4時間48分、ピクセルXLは4時間43分持続しました。

この性能ベンチマークテストでは、AndroidスマートフォンはiPhone 7 Plusには追いついていないことが明らかになりました。

iPhone 7 Plusはゲーム性能ベンチマークテストにて12時間37分持続しました。

次に進み、同じ1080p HDビデオファイルを使用して、フル充電し、バッテリが完全になくなるまでビデオをループします。

この性能ベンチマークテストでは、メイト9は14時間12分。

比較のため、メイト8は10時間34分、ピクセルXLはわずか7時間。

最後のバッテリー性能ベンチマークテストはWi-Fiブラウジング。

バッテリーが完全になくなるまで連続したループで同じ6つのウェブページを読み込みます。

この性能ベンチマークテストでは、Huawei Mate 9は14時間4分。

比較のため、メイト8は11時間57分、ピクセルXLは10時間38分。

Mate 9ではHuaweiが、フラッグシップが長持ちすることを証明しています。

メイト9はバッテリーが少なくなった時に、クアルコムのQuickChargeやその他のOEMソリューションに匹敵する独自の高速充電ソリューションであるHuawei SuperChargeを搭載した最初の端末です。

付属のSuperCharge充電器を使ってMate 9の内部に4,000mAhのバッテリーを充電すると、電池が完全に充電されるまで約90分です。

 

素晴しいボケ写真が撮れるライカのデュアルレンズカメラ

HuaweiとLeicaとのパートナーシップは、P9からMate 9に続き、新しく改良された第2世代デュアルカメラを提供しています。

Huawei P9と同じように、Leicaブランドのデュアルカメラを中心に、12MPのRGBセンサーと20MPのモノクロセンサーが追加されています。

両方のセンサーはf / 2.2絞りを備えたレンズにRGBセンサーは光学画像安定化機能を備えており、写真やビデオの安定性をさらに高めます。

P9と同様に、RGBセンサーはシーン内の色をキャプチャし、モノクロセンサーはディテールを強調します。

これは、メイト9が非常に印象的なボケ効果で写真を撮影できることを意味します。

適切な条件では、iPhone 7 Plusで撮影された写真と同じ効果を上回る写真と、Pixel XLで撮影されたPhoto Sphere写真を撮影することができます。

全体として、Mate 9のデュアルカメラアレイの画質は印象的でした。

昼間には、Galaxy S7 edgeまたはPixel XLで撮影されたものよりも現実的な色で、鮮明でディテールが鮮明な写真が撮影できます。

ビデオでは、メイト9は毎秒30フレームで4kビデオを撮影することができ、写真のように、ビデオの品質は昼間ではまともですが、低光では少し粒状になります。

Mate 9は、新しいh.265コーデックを使用して4kを撮影する最初のスマートフォンの1つです。

またMate 9は、1080pで60フレーム/秒での撮影と、720pのビデオの120フレーム/秒でのスローモーション撮影もサポートしています。

 

Androidベースで使いやすいソフトウェア

Mate 9には、最新のAndroid 7.0 Nougat OSとEMUI 5があります。

Androidをベースに洗練されたソフトウェアがEMUI 5です。

 

EMUI 5では、バッテリ管理も改良されており、電力集約型アプリケーションの処理方法が大幅に改善されています。

 

まとめ

良い点

  • ハイスペックで快適な操作性
  • 大型5.9インチにしてはコンパクトなサイズ
  • 機能豊富なハードウェア
  • ライカのデュアルカメラは素晴らしい写真を撮ることができる
  • バッテリーは数日間持続する
  • Android 7 ベースのEMUI 5は洗練された使いやすいインターフェース

悪い点

  • 暗いところ(低感度)のカメラはあまり良くない
  • EMUI 5にはまだいくつかの欠点がある

 

メイト9は、前モデルよりバッテリー、パフォーマンス、カメラが優れています。

Mate 9はおそらく今購入できる最高峰の大画面(5.9インチ)Androidスマートフォンの1つでしょう。

メイト9の価格は、60,800円(税抜)ということでフラッグシップ機の中では比較的手に入りやすい価格設定になっているのも利点の1つです。

また、優れたバッテリー寿命、興味深いデュアルカメラと驚異的なパフォーマンスを提供するスマートフォンです。

 

購入はこちらから

DMMモバイルにて先着700台限定で、11,000円OFF一括49,800円(税抜)で購入することができます。

今ならまだ間に合いますので、購入を検討している方は是非お早めに。

購入は下記のDMMモバイルキャンペーンサイトより

格安スマホなら!DMMモバイル


 

 

(via Android Authority , zol)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました