【三菱】 320GBのブルーレイレコーダーを2TBに改造する裏ワザ があるらしい 【DVR-BZ130】

詳しくは、↓
https://www.hiyoko-g.com/archives/2102327.html にてその方法が述べられてます。

世間では7月のデジタル化を控えて、テレビやレコーダーの
買い替えが進んでいます。

できれば、高性能の機器を少しでも安く買いたいですよね。

そこで、こんな裏ワザを紹介します。
なんと320GBのブルーレイレコーダーが2TBになってしまうのです! 三菱のDVR-BZ130は320GBのハードディスクを搭載した
ブルーレイレコーダーです。

この内蔵ハードディスクを2TBに交換してしまう裏ワザがあるのです。

使用するハードディスクはWestern Digitalの「WD20EARS」。
だいたい7,000円で購入できます。

DVR-BZ130のフタを空け、囲んだところにある320GBのハードディスクと
交換します。

入れ替えたら、裏コマンドを使ってサービスモードに入ります。
電源を切った状態で、本体の電源ボタンとチャンネルボタンを15秒以上
押し続けます。すると、通常だとメーカーのサービスマンしか知らない
「裏モード」になります。

リモコンを使って新しく搭載した2TBのハードディスクをフォーマット。
その後、再起動してシリアルナンバーの更新を行います。
すると29時間しか録画できなかったDVR-BZ130が
184時間に!!

DVR-BZ130は安いときは4万円を切る値段でゲットできます。
それに7,000円で2TBのハードディスクを搭載できれば
5万円以下で夢の2TBブルーレイレコーダーになるわけです。

どうです? PCの自作ができるくらいの腕があればカンタンに
できると思うので、彼に教えて挑戦してみては?

※分解した場合、メーカーの保障は受けられなくなります。
自己責任で行ってください。

サービスマンが使う、裏コマンドを使ってサービスモードに入ってHDDを認識させる方法ですね。

こういう方法は、昔からPanasonicや東芝などの様々な機種(HDDレコーダー)で紹介されたりしてました。

でもこれは、三菱(MITSUBISHI)にとってピンチですね。

なんせ、500GBのHDDを搭載した「DVR-BZ230」や、1TBのHDDを搭載した「DVR-BZ330」などの上位製品が売れなくなることを示してますからね。

ただでさえ売れていない(←)三菱のブルーレイレコーダーが更に売れなくなるわけです(^_^;) まぁ、ユーザーに取っては嬉しいことではありますがねw

コメント

タイトルとURLをコピーしました