AMD新CPU「RYZEN」を発表!Core i7-6900Kとほぼ同性能を95Wで実現

PCパーツ

米AMDは13日(現地時間)、2017年初頭に投入を予定しているZenアーキテクチャ採用の次世代CPUを「RYZEN」として正式発表した。

RYZENは最大8コア16スレッドで動作するハイエンドCPUで、動作クロックは3.4GHz以上。合計20MBものキャッシュを備え、AM4プラットフォームをサポートする。従来のExcavatorアーキテクチャのプロセッサと比較して40%のIPC向上を達成している。

深層学習を用いて学習させた命令プリフェッチ機構を採用するほか、必要となるデータを先読みするスマートプリフェッチも搭載。さらに、100個ものセンサーを搭載しており、プロセッサが動作している環境を自動で判断し、より高い動作クロックまでブーストする。例えそれが空冷、水冷、そして液体窒素などを用いた極冷環境であっても自動で判断するという。これらを「SenseMI」技術と名付けている。

発表イベントのデモでは、TDP 140WのCore i7-6900Kと同等の性能を、TDP 95Wで実現していることをアピールした。

PC Watch より

AMDの新CPU、その名は「RYZEN」 ~8コア/16スレッドのCore i7-6900Kとほぼ同性能を95Wで実現
 米AMDは13日(現地時間)、2017年初頭に投入を予定しているZenアーキテクチャ採用の次世代CPUを「RYZEN」として正式発表した。

 

 

AMD Presents New Horizon

 

ホームページ
AMDの公式サイトへようこそ! 最新のグラフィックス・プロセッサー、ソフトウェア・テクノロジー、ドライバーにより、革命的なゲーム体験が実現します。 今すぐご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました