フロントデュアルカメラを搭載した『vivo X9』のレビューをチェックしてみる。

SIMフリー

皆さん、「vivo(ヴィーヴォ)」というメーカーをご存知だろうか?

今回はvivo社のX9というスマホのレビューをチェックしていこうと思う。

 

vivoとは?

vivo(ヴィーヴォ)は、中国に本社を置く、電子機器メーカーである。スマートフォン製造を始めとして、そのアクセサリーやソフトウェア、オンラインサービスなどを展開している。2009年に中国のBBKエレクトロニクスが、子会社としてvivoを設立した。

2012年に世界最薄のスマートフォンであるvivo X1を発売し、2013年にはVivo Xplay3Sという世界初の2Kディスプレイ搭載モデルを発売したことで知られている。Vivoのグローバルシェアは2.7パーセント持っており、スマートフォンメーカーのトップ10を誇る。

wikipediaより

https://ja.wikipedia.org/wiki/Vivo_(企業)

 

vivo X9 スペック

製品名vivo X9
メーカーvivo
ディスプレイ5.5 inch , Super AMOLED
解像度1080 x 1920 (401 ppi)
ネットワーク2G GSM
850/900/1800/1900MHz
2G CDMA
800MHz
3G CDMA2000
800MHz
3G TD-SCDMA
1880/2010MHz
3G WCDMA
850/900/1900/2100MHz
4G TDD-LTE
B38/B39/B40/B41(100M)
4G FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B8
4G+ TDD-LTE
B38/B39/B40/B41
4G+ FDD-LTE
B1/B3/B1+B3
対応OSFuntouch OS 3.0
(Android 6.0.1ベース)
SoC (CPU)Snapdragon 625 (MSM8953)
Octa-core 2.0 GHz Cortex-A53
GPUAdreno 506
メモリ (RAM)4 GB
内部ストレージ (ROM)64 / 128 GB
外部ストレージ無し
カメラ(背面) 16 MP, f/2.0
(前面) Dual 20 MP + 8 MP, f/2.0, 1/2.8 (Sony IMX376 FF)
オーディオHi-Fi オーディオ (AK4376)
バッテリー3050mAh (取外し不可)
USB ポートmicroUSB v2.0
SIMDual SIM (Nano-SIM, dual stand-by)
サイズ152.6 x 74 x 7 mm
重さ154 g
ホームボタンあり
指紋認証あり
センサーGPS (A-GPS), Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, デジタルコンパス, 指紋センサー
Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetoothv4.2, A2DP, LE
カラーゴールド , ピンクゴールド
価格64GB モデル:2798元(約47,000円)
128GB モデル:2998元(約50,000円)
(参考)
Antutuベンチマーク
62,000

 

写真で見るvivo X9

本体及び付属品

カメラ

 

カメラ撮影写真

(via vivo – X9 , zol)

 

vivo X9 特徴

フロント (前面) にソニー製「IMX376」センサーで

2,000万画素と800万画素のデュアルカメラを採用しており、

自撮り(セルフィー)に優れたスマホで、

オーディオは旭エレクトロニクス製の「AK4376」搭載しており、

ハイレゾ再生(Hi-Fi)に対応している点が特徴である。

これは、Huaweiの「MediaPad M3」のプレミアムモデルにも搭載されている物で、

ハイエンドオーディオ機器向けにも搭載されるヘッドフォンアンプ内蔵小型DACである。

 

AK4376 | 旭化成エレクトロニクス(AKM)

ニュース | ABOUT AKM | Asahi Kasei Microdevices (AKM)
旭化成エレクトロニクスに関するプレスリリース、インフォメーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました