Intel 6シリーズチップセットに不具合。Intel,出荷を停止しリコールへ

4Gamer Intel 6シリーズチップセットに不具合。Intel,出荷を停止しリコールへ より

米国時間の2011年1月31日,米Intelは,Intel 6シリーズチップセットに設計上の問題があると発表した。 問題があるとされるのはマザーボード上のSerial ATAポートで,時間の経過によって劣化し,接続しているHDDや光学ドライブなどの機器に影響を与える可能性があるという。発表の中で米Intelはこれを,組み合わされる第2世代Core iプロセッサ側に問題はなく,あくまでもチップセットレベルの問題であるとしている。 影響を受ける可能性がある製品は,2011年1月9日以降に出荷されたIntel 6シリーズチップセット搭載システムとされており,Intelは「影響を受けるユーザーの数は比較的少ない」という見解を示しているが,現実的には,初回に出荷されたPCやマザーボード製品,ほぼすべてが対象と見るべきだろう。実際,秋葉原のショップでは,搭載マザーボードやPCシステムの撤去を始めたり,事情を説明したうえで,納得した人には販売したりといった形で,対応を始めている(※13:40追記 販売を停止するショップが目立つ)。 なお,Intelの英文リリースによると,問題のあるチップセットの出荷はすでに停止しており,修正版となるチップセットの提供を2月下旬に開始,4月までに出荷量を元に戻せる見込みになっているとのこと。問題のあるチップセットを採用したマザーボードやシステムは,OEMパートナーを通じて回収を行うとして,Intelは購入者に対し,同社もしくはOEMパートナーに問い合わせるよう呼びかけている。 ただし,マザーボード単体やゲーマー向けPCを「誰が,どうやって」交換することになるのかは分からない。すでに搭載マザーボードや搭載PCを入手した人は,ひとまず使い続けながら続報を待つということになりそうである。 ※14:05追記 Serial ATAポートだが,3Gbps対応となる2~5番ポートがデータ転送異常を引き起こす一方,6Gbps対応の0&1番ポートを使う限り,問題は生じないという情報を入手した。いま裏付けを急いでいるので,判明し次第あらためてお伝えしたい。 ※14:20追記 Intelから同社の顧客となるOEMメーカーに渡った案内状で,「Intel 6シリーズチップセットと,サーバー&ワークステーション向けのIntel C200シリーズチップセットで,2~5番のSerial ATAポートを利用するときに今回の問題が生じる」とされていること,そして,「0&1番の6Gbps対応ポートを使う限り,本問題の影響を受けない」とされていることを確認した。

Intelやらかしちゃいましたね。

どーやら、S-ATAコントローラにバグが見つかったらしいです。

リコール掛かる費用は、7億ドル(日本円で約600億円)

久しぶりに大きな流行りとなると思われた、Sandy Bridgeでやらしちゃうのは Intelにとっても大きな痛手でしょう。

関連記事

Intel、6シリーズチップセットに不具合、リコールへ

・Sandy Bridge対応チップセットに不具合、修正・交換へ

インテル6シリーズチップセット(Sandy Bridge)のリコール情報まとめ【自作PC編】(新情報追加)

インテルのチップセット不具合、余波はどこまで広がるか

米Intelによる英文リリース Intel Identifies Chipset Design Error, Implementing Solution

コメント

タイトルとURLをコピーしました