2016年のNo.1スマホSoC(CPU)はどれだ!?Androidスマホ向け4大SoCメーカー比較

SIMフリー

2016年も国内外たくさんのメーカーから性能のアップしたAndroidスマートフォンが発売されました!

各メーカーともにフラッグシップ(ハイスペック)機を発表してますが、搭載されているSoC (CPU)はバラバラでどのSoC (CPU)が性能が良いのかを知りたかったので調べてみました。

昨年より各SoC (CPU)メーカーがパワーアップしたSoC (CPU)を発表してますので、結果が気になりますね!

今回は、Android Authority 様より引用して、記事を書かせて頂きます。

誤訳等はご容赦ください。

 

SoC (CPU) とは?

こちらの記事を参考にしてください。

スマートフォンの「SoC」とは?モバイル向け主要SoCメーカーと主製品について紹介
スマートフォンのスペックを知る上で欠かせない、「SoC」。 「SoC」とは何ぞや、ということから、モバイル向け「SoC」の主要なメーカーの 主製品を今回は紹介します。 SoC (CPU) とは? SoCとは、ある装置...

 

主要4大SoCメーカーとそのフラッグシップモデルは?

2016年現在、Androidのスマートフォンに搭載されているSoCは、

  • Qualcomm(クアルコム) – Snapdragon (スナップドラゴン)
  • Samsung(サムスン電子) – Exynos(エクシノス)
  • MediaTek(メディアテック) – Helio(ヘリオ)
  • HiSilicon(ハイシリコン) – Kirin(キリン)

以上の4大メーカーでほぼ構成されています。

 

その4大メーカーの2016年現在、主要フラッグシップ製品は以下のとおりです。

Snapdragon 821Exynos 8890Helio X25Kirin 960
Cores48108
CPU4x Kryo4x Exynos M1
4x Cortex-A53
2x Cortex-A72
4x Cortex-A53
4x Cortex-A53
4x Cortex-A73
4x Cortex-53
CPU clock2x Kryo – 2.4GHz
2x Kryo – 2.0GHz
M1 – 2.29/2.6GHz
A53 – 1.5GHz
Cortex-A72 – 2.5GHz
Cortex-A53 – 2.0GHz
Cortex-A53 – 1.55GHz
Cortex A73 – 2.4GHz
Cortex A53 – 1.8GHz
ArchARMv8-A (32 / 64-bit)ARMv8-A (32 / 64-bit)ARMv8-A (32 / 64-bit)ARMv8-A (32 / 64-bit)
GPUAdreno 530 @ 653 MHzMali T880MP12
@ 650MHz
Mali-T880 MP4 @850MHzMali-G71 MP8
@900MHz
MemoryLPDDR4 1800MHzLPDDR4 1800MHzLPDDR3 933MHzLPDDR4 1800MHz
Process14nm14nm20nm16nm

どんな機種に搭載されている?

フラッグシップモデル

  • Snapdragon 821 – Googel Pixel , Xiaomi Mi5s , Xiaomi Mi Note 2 , Xiaomi Mi MIX , OnePlus 3T , Zenfone 3 Deluxe , LeTV Leeco Le Pro 3 など
  • Exynos 8890 –Samsung Galaxy S7
  • MediaTek Helio X25 – Meizu Pro 6 , Xiaomi Redmi Pro など
  • Kirin 960 – Huawei Mate 9

以下のモデルも比較対象としました。

  • Snapdragon 820 – Samsung Galaxy S7 (Qualcomm variant) , Xiaomi Mi5 , OnePlus 3 , Xperia X Performance , Galaxy S7 edge , LeEco Le Max2 など
  • Snapdragon 810 – Nexus 6P
  • Exynos 7420 – Samsung Galaxy Note 5

 

ベンチマーク結果

Antutu

AnTuTuは、Android用の「標準」のベンチマークの1つです。

これは、CPU性能とGPUのパフォーマンスの両方をテストした後、最終的なスコアを提示します。

しかし、AnTuTuは、ベンチマークで使用されるテスト負荷が完全に人工的なものであり、実際の使用感を反映していないことは注意するべき点です。

ですが、それを考慮に入れても一般的なベンチマーク結果として役立ちます。

 

AnTuTuの結果かなりの情報を与えてくれます。

第1に、今年のプロセッサー全てより速いことが確認できます

第2に、120,000以上のスコアを出す4台プロセッサーがあることが確認できます。

Snapdragon 821、Snapdragon 820Exynos 8890Kirin 960。

昨年のSnapdragon 810と比較してAnTuTuパフォーマンス30%の増加しています

Antutuでの勝者はSnapdragon 821です。

 

Geekbench

Geekbench、複数のプラットホームの向こうで利用できる一連のベンチマーク・テストです。

Primate Labs Inc.(Geekbenchの背後にある会社)によると、Geekbench CPUテストは、クロスプラットフォームCとC++で書かれます。

同じコードがすべてのプラットホームで使われます。

そして、同じコンパイラ・オプションが各々のプラットホームで使われます。

Geekbenchは、シングルコアテストのスコア及びマルチコアテストのスコアの2つのテストを行います。

昨年の主要なSoCの著しいパフォーマンス改善がわかることができます。

たとえば、Exynos 8890はExynos 7420の上に42%の一つの中心的なパフォーマンス改善を示します。

シングルコアの勝者は、Kirin 960です。次に、Exynos 8890が続き、Helio X25が3位になりました。

 

 

マルチコアテストでの結果は、Kirin 960が1位。続いて、Exynos 8890という結果に。

Snapdragon 821はコアが少ないのに善戦した感じます。

しかし、MediaTekのHelio X25の性能は、10のCPUコアを持って考えると残念です。

Geekbenchの総合優勝は、Kirin 960とExynos 8890です。

 

他のベンチマークの結果は、Android Authorityより参照願います。

まとめ

今年のベンチマークは、クアッドコア・オクタコア・デカコアプロセッサ間の面白い戦いとなりました。

まず、2016年のプロセッサは2015年のものよりも高速であることを証明しました。

MediaTekのHelio X25は、実際使用する際のパフォーマンスの面で、SnapdragonやExynos、Kirinに競合することはできません。

実際の使用においては、多くの異なる条件の下で良好なオールラウンドパフォーマンスを発揮した、Huawei社のKirin960が勝者で、次点でExynos 8890です。

しかし、KirinとExynosの問題はSnapdragonがより広く入手可能であるのに対し、KirinとExynosは限られたスマートフォン機種にのみ利用可能であるという点です。

(KirinはHuawei機種のみ。Exynosはサムスン機種のみ。)

ですので、あなたがHuaweiやサムスンのファンでないならば、Snapdragonは素晴しいプロセッサであることを意味します。

だから一言で言えば、2016年時点で最良のAndroidのSoCは、Kirin 960であり、ほぼ差がなく次点でExynos 8890とSnapdragon 821。

Snapdragon 821は、誰にでも手に入る意味で人気のある選択肢となりそうです。

MediaTekのX25は良好なプロセッサであり、ミッドレンジモデルの中の最上位モデルとして最適です。

 

ということで、Android Authority の見解を超個人的に要約すると、

2016年時点で最良のAndroidのSoCは、Kirin 960だが、

Huaweiの機種にしか搭載されてないので、

Snapdragon 821搭載機種の方が機種の選択肢が広くて

自分に合った機種(カメラやUI、操作性などの機能で)を選びやすい。

ということでしょうかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました