映画『君の名は。』興行収入200億円突破! 『千と千尋』以来、邦画15年ぶりの快挙

アニメ

映画『君の名は。』興収200億円突破!

Yahooニュースより

大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」(監督新海誠)の国内興行収入が200億600万円に達したことが分かった。東宝が6日に発表したもので、邦画では日本歴代1位で興収308億円を記録した宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」(01年)以来15年ぶりの200億円超えとなった。

君の名は。」は8月26日に封切られ、現在もロングランを記録。アジア各国でも大ヒットし、2日に公開がスタートした中国では週末興行ランキングで1位となった。
また、4日(日本時間5日)には、米アカデミー賞の前哨戦のひとつとされているロサンゼルス映画批評家協会賞でアニメ賞を受賞。日本作品がアニメ賞を受賞するのは「千と千尋の神隠し」、14年の高畑勲監督の「かぐや姫の物語」に続いて3度目の快挙となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000093-spnannex-ent

いまだに人気が衰えない、映画『君の名は。』ですが、海外のバイヤーもかなりの興味を示していて、版権を買っているみたいですね。

映画館離れが進んでいる昨今ですが、映画業界もいろいろ試行錯誤してますよね。

映画館も4DXやらMX4Dといった設備を増強したりして、集客数を伸ばそうとしてますよね。

4DXとMX4D とは?

ciatrより

4DXは体感が9種類

出典: www.quatro-machinaka.com

4DXとは、韓国のCJ 4DPLEX社が開発した体感型を演出するための劇場上映システムとのことを指します。

2009年から提供が開始され、アメリカでも人気になったとのことで、初めて日本の導入されたのは2013年5月に名古屋にある中川コロナシネマワールド。当時はその未知なるアトラクションに大して賛否両論あったものの、体感した人からは高い評価を得ました!

この4DXは、

・シートの可動 ・風 ・水しぶき ・香り ・煙 ・風圧 ・雷 ・雨 ・泡

上記9種類です。

MX4Dは、さらにその上をゆく体感!

出典: www.tohotheater.jp

MX4Dはアメリカのロサンゼルスで1991年に発足したMediaMation社によるもので2012年頃から色々な劇場で使われ始めたようです。日本では、2015年4月10日にオープンしたTOHOシネマズ ららぽーと富士見での展開が初となりました。

MX4DはTOHOシネマズ独自の「TOHO 4D PROJECT」のもと展開される、TOHOシネマズだけの映像アトラクションシステムとなりますので、限定された劇場だけでしか体感することができません。

また、こちらは

・シートの突き上げ ・首元への感触 ・背中への感触 ・香り ・風 ・水しぶき ・足元への感触
・地響き ・突風 ・霧 ・ストロボ

上記11種類の体感に加え、もちろんシートも可動します。

https://ciatr.jp/topics/42260

ということで、さらに簡単にまとめると

  • 開発会社が違う
  • 4DXは9種類、MX4Dは11種類
  • 体感できる映画館(映画館会社)が違う
  • 料金が違う

の4点ですかね。

 

と、話が脱線してしまったので、戻しましょう。

 

『君の名は。』の評価は?

Yahoo!の映画レビューサイトでも

ユーザーレビューが評価30,000件越え、点数も4.19点と非常に好評ですね。

https://movies.yahoo.co.jp/movie/君の名は。/355058/

 

Youtubeの予告編も1000万再生を超えました。

「君の名は。」予告

コメント